norinori53’s diary

日々感じる53(ゴミ)な事

緊急事態宣言の日に誕生日

35歳、夢なし、趣味なし、希望なし。

 

 

 

 

 

 

うわ。

 

冒頭の1行、冒頭の2文字が34から35になってしまった。

 

私事だが無事35回目の誕生日を迎える事ができた。

 

重いなあ。

 

35って。

 

四捨五入したら40歳。

 

オイオイ。

 

初老ではないか。

 

数字は色んな事をリアルに表現してくれる。

 

ちなみに自分の誕生日を忘れており、昨日ブログを投稿した時図々しくも34歳と打っていた。

 

norinori53.hatenablog.com

 

思い出したのは朝方親と妹からLINEなりメールなりをもらった時だろうか。

 

そう言えばこのブログを始めた時は33歳だったなあ。

 

norinori53.hatenablog.com

 

友人にも言われたが、33歳、最悪34歳でも僅かだがお兄さん感が残っている気もする。

 

ところが35歳ってどうだ。

 

完全にオッさんではないか。

 

ツライ。

 

35歳で僕のこの状況、完全に人生ドロップアウト状態だろう。

 

麻雀でいうとこの上がりハイが山になく、なんとか振り込まないようハイを回しているとこ。

 

f:id:norinori53:20200408010546j:plain

 

お先は真っ暗。

 

これからはなんとかしがみつき、できるだけイヤな事、面倒な事を避ける人生を送っていくしかない。

 

そうも思った35回目の誕生日。

 

そんな日に日本政府は緊急事態宣言を発令した。

 

緊急事態宣言と言葉を聞くとどうやらオオゴトのように感じる。

 

もちろんオオゴト。

 

しかし、日本は海外のような外出するのに許可が必要な訳でもなく、外出すると罰則される訳でもないらしい。

 

コレはあくまで僕の解釈なのだが、「政府がこんな発令をしたんだから本当にまずい状態なんだぞ。国民の皆さんは気を引き締めてほしい」。

 

こんなとこだろうか。

 

あくまで自粛要請のようだ。

 

読んで字のごとく要請は命令ではない。

 

僕は基本命令されるのが嫌いなので、この結果で非常に良かったと感じた。

 

過去にガチガチの命令国家で失敗した日本らしい判断と言えようか。

 

それはそうと、人間せっかく考える事ができるができる脳があるのだからそこは考えるべきだと思う。 

 

それができない人間が多いから要請ではなく命令になるのだろうが・・・。

 

そして外出自粛は悪い事ばかりではない。

 

そりゃもちろん飲食店や接客業の方々は商売あがったりであまり続くと経済崩壊だってありうる。

 

ただ、とりあえず今回政府が定めた約1ヶ月の期間自粛してみてはどうだろう。

 

僕は先週の週末買い出し以外は部屋でダラダラ過ごした。

 

するとどうだ。

 

お金が圧倒的に減らない。

 

週末明けた時のお金を使っていない嬉しさと言えば半端ない。

 

それでも。

 

いやー人恋しいし。

 

そう思う人もいるだろう。

 

「人と話す」といった行為をしたい時。

 

ITも進化し、便利になったこの時代。

 

LINEがあるじゃないか。

 

ネットさえ繋がっていれば無料で話せる。

 

再度貼らせていただくが、複数人で顔を見ながら話す事だってできる。

 

norinori53.hatenablog.com

 

最も僕は2人程度で遊んだり話たりする方が好きなのでLINEで十分ではあるが。

 

とまあ悪いことばかりじゃないので、新薬の開発をジッと静観しながら待とうではないか。

 

とか偽善者ぶった事を言っては見たが、実際はこの自粛ムードや色々制限がかけられる世の中が面倒くさいだけ。

 

酒好きの僕にとって、好きなように外でお酒を飲めないのは死活問題。

 

今週末は友人が1人ウチに来てひっそり飲むのでそれはそれでいいが、たまには外で美味しいツマミとお酒を飲みたい。

 

貯金だと考えてしばらくはこんな感じで我慢しようかと思う。

 

我慢は言い過ぎか。

 

酒飲めるんだから十分な気もする。

 

そして。

 

話は戻るが35歳になった僕。

 

誕生日と言えば誕生日ケーキがつきもの。

 

そんなもん1人で買うわけがない。

 

それがたまたま朝食がそれっぽい物だった。

f:id:norinori53:20200408005739j:plain

とてつもなく安っぽい、というか安いが(¥58税抜き)、かなり無理矢理な見方をすると誕生日ケーキではないだろうか。

 

僕は自分の誕生日を忘れるぐらいなので1人でしんみり過ごしたく、公言も基本しない。

 

しかし当ブログでネタとしてだけは使わせいただき、毎年書かせていただく事になるかもしれない。